スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈从文先生对不起><

云雀恭弥在上学的路上要穿过一个热闹的边街。卖各种杂物饰品的店铺一家接着一家,热闹无比,于是他在穿过长长石砖的街道时总是稍稍烦躁。谈笑声,脚步声,讨价还价声甚至混合了洌洌风响,高大的树木摇曳着抛下细碎的金色的光影。他微微眯起眼。外套随风摇摆着。

卖水果的那家店总是喜欢把一些新鲜的凤梨摆成一排,像威风的士兵看守在门口,散发着热带水果的清新的香气。又像在引诱主顾上门,意思好象是说:“吃我,随便吃我,好吃!”每次云雀总懒得看一眼,因为那实在是太不可理喻了。呸呸,他才不会“过屠门而大嚼”,云雀只想把所有凤梨全都咬杀来减轻自己的不爽。




再次向沈从文先生表示歉意orz


顺便,最近听过的最绝望的一句话是:Tom Riddle好像大蛇丸啊。

马谁说的这句话,他难道不怕受到魔王大人和大蛇丸君的双重诅咒吗??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

before the end
弥生

衣華.

Author:衣華.

三月兔的茶会
微蓝
洪流
回声
暮夏
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。